« 道路特定財源の一般財源化は、素晴らしい構造改革 | トップページ | 民主党に打ち砕かれた構造改革 »

ガソリン争奪合戦?

明日から、ガソリン税の暫定税率が廃止になるようです。

値下げしたガソリンを買うために、
ガソリンスタンドに殺到することになるのでしょう。
★安いガソリンスタンドを探して三千里?

1ヶ月経つと、ガソリン税の暫定税率が復活するようなので、
4月は、買い溜めする人も多いのではないでしょうか?

ガソリン不足に陥るかもしれません。
日本のガソリン不足に対応して、原油も再高騰するのでしょうか?

値下げしたガソリンスタンドは、すぐに在庫切れ。
人々は、値下げしていないガソリンスタンドに向かい、
「さっさと値下げしろ」と怒鳴り、暴動が起きるかもしれません。
死傷者も出るかもしれません。
※在庫切れを考えると、無理して値引きして、客寄せする必要はないと思います。

地球温暖化防止のために、CO2削減が望まれる世界情勢において、
ガソリンを買いあさる日本人は、
海外から見ると、顰蹙(ひんしゅく)者でしょう。
海外から非難される事になるでしょう。

暫定税率廃止により、税収が減ります。
支出の方は、これを考慮していません。
収支が合わないので、いよいよ日本も財政破綻でしょうか?
海外からの日本に対する不信感は、ますます高くなります。

現在、暫定税率廃止を希望する国民は、とにかく安い方が良いと言う国民です。
それによって何か問題が生じるか否か、何も考えていない国民です。
そういう考え無しの国民の欲望に従って、国会で短絡的に結論を出して良いものでしょうか?

民主党は、単に、国会を混乱させ、さらに、日本を混乱させ、海外からの信用を低下させ、日本を破滅させようとしているのではないでしょうか?
つまり、自分たちの思うようにならないなら、壊してしまえ!という発想です。
これでは、最近の切れ易い若者と同じに見えます。


|

« 道路特定財源の一般財源化は、素晴らしい構造改革 | トップページ | 民主党に打ち砕かれた構造改革 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ガソリン争奪合戦?:

« 道路特定財源の一般財源化は、素晴らしい構造改革 | トップページ | 民主党に打ち砕かれた構造改革 »