« 紫外線対策:アームカバー | トップページ | エアコン値上げ前、最後のチャンス »

行政でのメリハリとは?不公平・格差の事?

世間一般に、メリハリが大切という言葉を耳にします。

休む時には、しっかり休む。
遊ぶ時には、しっかり遊ぶ。
働くべき時には、しっかり働く。

しっかり休む事で、体を回復し、
しっかり遊ぶ事で、心も回復し、
これで、元気良く働けます。

こういう意味合いで、メリハリが大切と言っているのだと思います。

でも、行政でのメリハリとは何なのでしょうか?
メリハリの効いた予算配分というのは、単に、不公平な予算配分に過ぎないのではないでしょうか?
つまり、政治家に要領よく口利きして、うまく予算を受けた人たちが利を得て、得られなかった人たちは、貧乏になります。
何となく、メリハリの効いた不公平な予算配分が、格差を生み出しているように感じます。

<追伸>
「夢主義社会」にお金はありません。
人々は、夢を追い求めます。※夢は社会貢献です。
報酬は、次の新たな夢に挑戦する権利です。

|

« 紫外線対策:アームカバー | トップページ | エアコン値上げ前、最後のチャンス »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/42442475

この記事へのトラックバック一覧です: 行政でのメリハリとは?不公平・格差の事?:

« 紫外線対策:アームカバー | トップページ | エアコン値上げ前、最後のチャンス »