« 天体望遠鏡:宇宙に想いを馳せる | トップページ | しゃべる時計で規則正しい生活 »

自民党信頼回復の戦略1・2・3

突然の福田総理辞任。
それに対して国民は、「無責任だ」と言っています。
逆に言うと、国民は、福田総理にもっと続けて欲しかったという事です。

1年前、参院選挙で大敗した際に、
「安倍総理は早く辞任すべき」という声がありました。

それが、今回、「もっと続けて欲しい」に変わったという事は、
参院選挙で大敗した事を、国民は忘れ掛けているという事です。
※国民は忘れっぽいです。愚民です。
自民党は、ある程度、信頼を取り戻したという事です。

1年前の総裁選で、麻生氏ではなく、福田氏を総裁にしたのは、
まだ、自民党に反発する国民が多かったため、麻生氏よりも、
温厚な福田氏で、「国民の怒りが収まるのを待とう」という事になったのでしょう。

1ヶ月前の内閣改造は、麻生氏を総裁にするための、前準備だったと考えられます。
各派閥から、大臣を選出することにより、「総裁選ではよろしく!」という根回しだったのでしょう。
また、「総選挙でも、互いに協力して頑張りましょう」という根回しもあるのでしょう。

経済対策も、総選挙に向けて、国民に飴(アメ)を示したのでしょう。

自民党は、国民の信頼を回復するために、1年掛けて、
安倍氏⇒福田氏⇒麻生氏の連携で、ホップ・ステップ・ジャンプで、
総選挙で勝ちに行こうと考えているのでしょう。

つまり、突然の辞任は、実は、全て筋書き通りなのです。
自民党の古狸が考えた「自民党信頼回復の戦略1・2・3」という事です。

|

« 天体望遠鏡:宇宙に想いを馳せる | トップページ | しゃべる時計で規則正しい生活 »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/42409660

この記事へのトラックバック一覧です: 自民党信頼回復の戦略1・2・3:

« 天体望遠鏡:宇宙に想いを馳せる | トップページ | しゃべる時計で規則正しい生活 »