« 金融危機は、「等価交換の原則」に反したから! | トップページ | お金の廃止手順1:現金の廃止 »

夢を大切に考えた社会構造:お金の廃止

今の社会では、資本主義社会の中で、利潤を求めてお互いに競争することで、より良い社会を得られると考えられています。
ほんとうにそうなのでしょうか。

人は皆、夢が大切であることを知っているでしょう。
でも、資本主義社会の延長線上に、人類の未来・夢はあるのでしょうか。
資本主義社会では、お金が一番大切になっているようです。

今の社会は、ズル賢い大人たちが、自分たちに都合良く考え出した悪の社会のように思えます。
夢が大切ならば、もっと夢を大切に考えた社会構造にすべきです。

そこで、人類が真に目指すべき社会構造を考えてみました。
・「夢主義社会」にお金はありません。
・人々は夢を追い求めます。
・報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。
・衣食住は保障されます。
・8時間の労働義務を課せられます。

「夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。


|

« 金融危機は、「等価交換の原則」に反したから! | トップページ | お金の廃止手順1:現金の廃止 »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/42931010

この記事へのトラックバック一覧です: 夢を大切に考えた社会構造:お金の廃止:

« 金融危機は、「等価交換の原則」に反したから! | トップページ | お金の廃止手順1:現金の廃止 »