« 貯金が景気を低迷させる! | トップページ | 自宅でコアリセット※ポールの上でゴロゴロ »

子供の安全:携帯よりも監視カメラ

子供の安全を守るために、
・集団登下校
・大人が通学路で監視
・防犯ブザー
・携帯電話
等がありますが、防犯ブザーや携帯電話は、いざという時に、ほんとうに使えるのか疑問があります。

インターネット技術が進んだ現代では、「全ての公道をカメラ監視」するのが良いと思います。
ビルや電柱に防犯カメラを設置して、24時間定期的に画像を記録します。
直線の道路であれば、一台のカメラでかなり遠くまで監視できます。
最近、インターネットに接続できるカメラは、数千円で売っています。
また、インターネットのケーブルも至るところに張り巡らされています。
けっこう安く費用で簡単に設置できると思います。
現状では、たいへん高価な機器が設置されているようですが、安い費用で多く設置する方法は、いくらでもあると思います。

通学時間帯は、この防犯カメラを、大人がインターネットで監視すれば、通学路に立つ必要がありません。
24時間定期的に画像を記録しておけば、何か事件が起きた時にも、すぐに情報を得ることができます。
カメラの解像度は、人の顔を認識できなくとも、何か事件が起きていることを把握できる程度で十分です。
子供の安全以外にも、落書きや泥棒の監視等、様々な犯罪防止に役立ちます。

プライバシーの問題もあるかと思いますが、公道は、常に誰かが見ていて当然の状況にあります。
人の目の代わりに、カメラで監視すると考えれば、問題無いと思います。
常に誰かに見られているという状態が犯罪を防ぎます。

今は、人々が豊かさを追い求める欲望社会です。
貧富の格差が広がり、人の精神も不安定になり、どんどん犯罪が増えると予想されます。
できるだけ早期に、犯罪監視体制を整える必要があります。

監視カメラも色々あります⇒⇒⇒ 安全・安心は監視カメラで守る

<追伸>
「夢主義社会」では、全ての人間を、監視カメラでチェックします。

「夢主義社会」に、お金はありません。
人々は、夢を追い求めます。
報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。

「夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。


|

« 貯金が景気を低迷させる! | トップページ | 自宅でコアリセット※ポールの上でゴロゴロ »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/42670732

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の安全:携帯よりも監視カメラ:

« 貯金が景気を低迷させる! | トップページ | 自宅でコアリセット※ポールの上でゴロゴロ »