« お金の廃止手順1:現金の廃止 | トップページ | お金の廃止手順3:お金を廃止→労働の対価 »

お金の廃止手順2:銀行の廃止

銀行は、お金を右から左へ動かすだけで、利益を得ています。
巨額のお金を動かせば、巨額の利を得ます。
このような行為が許されているために、今の腐った社会が出来上がったように思えます。

お金を右から左へ動かすだけならば、国が一手に引き受け、無償で、行えば良いと思います。
郵便貯金も含めて、全ての銀行を国有化して、1本にすれば良いと思います。
お金という単なる数値を管理するだけですので、国がコンピュータでまとめて管理すれば良いと思います。
※本来、人間は、物作りに、励むべきです。

このようにすれば、全てのお金の移動がコンピュータ上に記録されることになり、お金に関する様々な犯罪を、防止できるようになります。
・振込め詐欺
・マネーロンダリング
・汚職
・怪しい政治資金

銀行・証券・保険・不動産業を全て廃止して、
それに関わっていた人たちを、物作りや福祉に回せば、人手不足解消です。
現在の人手不足は、働かずマネーゲームをする人が増えたからです。
※銀行・証券・保険・不動産業は、全てマネーゲームです。
※経済はマネーゲームです。


<追伸>
夢主義社会」にお金はありません。
人々は夢を追い求めます。
報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。

夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。


|

« お金の廃止手順1:現金の廃止 | トップページ | お金の廃止手順3:お金を廃止→労働の対価 »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/43057134

この記事へのトラックバック一覧です: お金の廃止手順2:銀行の廃止:

« お金の廃止手順1:現金の廃止 | トップページ | お金の廃止手順3:お金を廃止→労働の対価 »