« 安全・安心は、お金で買える! | トップページ | 景気後退で地球温暖化対策完了 »

物を買う事は、物作りを応援する事

物価高で貯金を取り崩している人が多いのかな?と思いきや、
実は、ちゃっかり以前にも増して、しっかり貯金している人が多いようです。
サラリーマンは、給与が増えなくても、減る事は無いので、節約すれば貯金できます。
その結果、川下にお金が流れなくなり、川下の人たちは四苦八苦しています。

ここでの「川下」とは、お金の流れでの「下流」です。
お金の流れ:
<上流>
1.政府がばら撒く
2.それを各企業が受け取る
3.企業の経営者に優先配分
<中流>
4.残りを従業員に配分
<下流>
5.その経営者・従業員の消費で、農業・漁業を含めた自営業にお金が渡る

企業経営者は、従業員への配分を増やさない事で、自分たちの財産を増やします。
従業員は、消費を控える事で、自分たちの財産を増やします。

老後の事を心配して、貯金しているようですが、
老後は、細々と生きれば良いのです。生活保護制度もあります。
そもそも、あなたは、明日、突然死ぬ運命かも知れないのですよ!
老後よりも、「夢を追う事ができる今」が大切なのではないでしょうか?
多くの人が、正しい夢に向かって歩んでいれば、自ずと良い未来が訪れます。

「心配だ!心配だ!」と言って、貯金ばかりしていると、ほんとうに未来は崩壊してしまいます。

お金は天下の回り物です。
お金を得たという事は、お金を使う権利を得たということです。
権利は、義務と背中合わせです。
しっかり稼いだ方は、しっかり使う義務があります。
貯金が、景気を低迷させています。

物を買う事は、物作りを行う人を、応援する事でもあります。

おもちゃを見たり使うと、思わず笑顔が出てきます。
笑顔を与えてくれる「おもちゃ」は、価値ある物と言えます。

「おもちゃ」も色々あります→頑張った自分にプレゼント

<追伸>
「夢主義社会」に、お金はありません。
人々は、夢を追い求めます。
報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。

「夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。



|

« 安全・安心は、お金で買える! | トップページ | 景気後退で地球温暖化対策完了 »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/42974990

この記事へのトラックバック一覧です: 物を買う事は、物作りを応援する事:

« 安全・安心は、お金で買える! | トップページ | 景気後退で地球温暖化対策完了 »