« 医師不足ではなく、縦割医療が問題 | トップページ | 資本主義は、キツネやタヌキに化かされた社会 »

チェンジ:自由主義経済の終焉

米国大統領選で、オバマ氏が勝利したようです。
オバマ氏は、社会主義的な発想とも言われているようです。

今回の金融危機で、政府が、銀行や証券会社に巨額の公的資金を投入している状況を考えると、自由主義経済(市場主義経済)は、破綻したと言えるでしょう。
自由主義経済が破綻した以上は、社会主義への転換も一つの案です。

オバマ氏が米国大統領になれば、確かに米国は変わるでしょう。
でも、従来のようなマネーゲームでの、景気向上は無いのでしょう。

是非、新しい社会構造を構築してほしいと思います。

<補足>
資本主義社会では、経済が拡大していかないと成り立ちません。
資本主義社会では、借金して事業を行うのが一般的です。
その借金を返すには、経済が拡大する事が大前提です。
経済の拡大が止まると、借金を返せなくなり、破綻します。

「株価は長期的には右上がり」と言われますが、
これは、資本主義社会を成立させるために、
国を上げて、経済の拡大を支援してきたからです。
でも、それも、そろそろ限界に来ている感じがします。

従来、株は、経済の先行指標と言われて来ました。
株の売買は、各企業や経済の将来の成長を予想して取引されるものでした。
これにより、成長期待のある企業にお金が回り、正常な競争が促進されます。

ところが、最近の状況を見ると、マネーゲームの失敗が、経済に悪影響を及ぼしています。
実体経済と関係なく、高騰した株価が、何れ急落するのは当然ですが、
それが、実体経済に悪影響を及ぼすのは問題です。
そんなマネーゲームは、廃止すべきです。

株式市場、商品市場の在り方を考え直すべき時に来ていると感じます。
そもそも商品先物市場は、商品価格を安定且つ適正な価格に保つために、作られた制度ではなかったのでしょうか?
市場原理とは、需要と供給のバランスで価格が決まるということです。
ところが、今は、マネーゲームの論理で、価格が吊り上げられたり、逆に急落したりします。
こんなマネーゲームは、廃止すべきです。

コンピュータ管理が進み、且つ、世界がネットワークで一つにつながった現代では、
お金という媒体を使わなくても、
需要と供給のバランスを考えながら、適正な取引を行うことは、可能になりました。

既に、ほとんどの人と物の情報は、コンピュータで管理されています。
それらを、全て、一つのお金という媒体に換算してしまうから、訳が分からなくなり、マネーの暴走を引き起こします。
人と物の情報を、そのまま直接、管理して、需要と供給のバランスを取って行けば良いのです。

そろそろ、お金という媒体と縁を切り、新しい社会構造に移るべき時が来ているのではないでしょうか。
夢主義社会」は、お金よりも、夢を大切に考える社会です。
人は、夢があれば、頑張れます。
お金を餌にした競争は不要です。
お金儲けは欲望です。夢には成り得ません。
私の本を叩き台にして、新しい社会構造を考えるきっかけになれば、幸いです。

<追伸>
夢主義社会」に、お金はありません。
人々は、夢を追い求めます。
報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。
「夢主義社会」は、全ての人が自由であり、夢を持ち、その夢に向かって歩ける社会です。

「夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。


|

« 医師不足ではなく、縦割医療が問題 | トップページ | 資本主義は、キツネやタヌキに化かされた社会 »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/43022559

この記事へのトラックバック一覧です: チェンジ:自由主義経済の終焉:

« 医師不足ではなく、縦割医療が問題 | トップページ | 資本主義は、キツネやタヌキに化かされた社会 »