« 定額給付金:止めてしまえ! | トップページ | 老後よりも、夢を追う事ができる今が大切 »

日本が財政破綻する日

今回の金融危機に対して、巨額の公的資金が投入されます。
財政赤字の日本が、さらに、巨額の公的資金を投入して大丈夫なのでしょうか?

日本の財政赤字は800兆円と言われています。
財政破綻した夕張市の赤字額は、360億円だそうです。
日本の財政赤字を、市町村に分配すれば、何となく、この程度の金額は妥当に思えます。
夕張市は財政破綻になり、何故、日本という国は財政破綻にならないのでしょうか?

今の日本は、赤字国債の利息を払うために、さらに国債を発行しています。
この状況は、サラ金地獄と同じだと思うのですが、実態は、けっこう楽しくやっているようです。

この差は何故なのでしょうか?
サラ金地獄では、「お金を返せ」と、怖いお兄さんが毎日、催促してきます。
でも、国の場合は、どんなに借金の額が増えても、だれも、催促してきません。
このため、いくらでも借金できることになり、「借金天国」と言えます。
逆に、「借金しない方が損だ!」ということになりそうです。

今の日本では、国が借金で得たお金を、社会にばら撒きます。
そのお金を、要領良く振舞って、自分の懐に入れることで、お金持ちになれます。

このような無意味なお金を廃止してしまえ!ということで、「夢主義社会」に至ります。

<補足>
政府は、「3年後に景気が回復したら、消費税を上げる」と言っています。
確かに、今回の公的資金投入で、一時的には、景気が回復すると思います。
でも、その回復は2年程度で終了し、3年後には財政破綻に至るのでは?と思います。
そして、日本全体が、夕張市のような状況になり、低福祉、高負担になるのでしょう。

この時が、「夢主義社会」に切り替えるチャンスです。


<追伸>
新しい社会構造を考えて見ませんか?

夢主義社会」に、お金はありません。
人々は、夢を追い求めます。
報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。
夢主義社会」は、全ての人が自由であり、夢を持ち、その夢に向かって歩ける社会です。

夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。

|

« 定額給付金:止めてしまえ! | トップページ | 老後よりも、夢を追う事ができる今が大切 »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/43110286

この記事へのトラックバック一覧です: 日本が財政破綻する日:

« 定額給付金:止めてしまえ! | トップページ | 老後よりも、夢を追う事ができる今が大切 »