« 特定健診の義務化は、行政の無駄 | トップページ | マンションに光ファイバー導入時の苦悩 »

資本主義は、キツネやタヌキに化かされた社会

童話の中には、キツネやタヌキが、葉っぱをお金に変えて、人を騙す話があります。
キツネやタヌキは、商売人や政治家です。

お金は、人が物を得るために、便宜的に考え出した仮想の媒体です。
本来、お金自身には、何の価値もありません。
キツネやタヌキが、仮想の媒体であるお金(葉っぱ)を、
あたかもお金自身に価値があるかのように振る舞い、
そのお金を右から左へ動かすだけで、個人的に巨額の利を得ています。

新総裁の麻生氏が行う「ばら撒き型の経済活性化」は、これです。
民主党も結局、「ばら撒き型の経済活性化」です。
自民党も民主党も、同じ穴の狢です。
そもそも、資本主義は、政府がばら撒いたお金を、要領よく懐に入れた人が利を得られる社会構造です。
そして、ばら撒いたお金が社会をグルグル回ることで、国会議員や公務員も、その地位を維持でき、利(報酬)を得られます。
自分でばら撒いて、最終的に自分が利を得ると言う事は、還流です。

企業の中には、株の売買で資金を還流させたとして、摘発されたケースがありますが、
政府の行為が、還流です。

政治家

商売人


↑※上のシーンの状況説明
ベルベルちゃん(10歳)は、大人が紙切れ(千円札)で物を買っているのを見て思いました。
「あんな汚い紙切れで、物と交換できるのなら、この綺麗な葉っぱで、もっと良い物と交換してもらえるハズ」
そこで、ベルベルちゃんは、綺麗な葉っぱを持ってケーキ屋さんに行きました。
ベルベル:「この葉っぱで、ケーキ1個下さい」
店員のメイちゃん(17歳)は、理解できず困っています。


<追伸>
「夢主義社会」に、お金はありません。
人々は、夢を追い求めます。
報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。

「夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。


|

« 特定健診の義務化は、行政の無駄 | トップページ | マンションに光ファイバー導入時の苦悩 »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/43142577

この記事へのトラックバック一覧です: 資本主義は、キツネやタヌキに化かされた社会:

« 特定健診の義務化は、行政の無駄 | トップページ | マンションに光ファイバー導入時の苦悩 »