« 自分の健康第一で、職務をたらたら何もしない総理 | トップページ | 倒産するような会社が、人を採用するな! »

死刑に代わる新しい刑の提案

「厚生事務次官経験者を狙った連続殺人」の原因は、
「子供の頃に、自分のペットを殺された」という想いだけでなく、
経済的に困ってきたので、刑務所に入ってのんびり暮らそうと考えたようです。

刑務所では衣食住を保障してくれます。
また、しっかり人権を保障してくれます。
被害者への保障は何もありませんが、加害者の人権はしっかり保障されます。
これでは、生活に困った人は、皆、犯罪に走ります。

被害者の家族は、加害者に、より重い刑を望むようですが、
懲役の年数を長くする事が、真に重い刑と言えるのでしょうか?
単に、刑務所での楽な生活が、長くなるだけではないでしょうか?

現状の刑では、死刑が一番重く、次が無期懲役のようです。
死刑は、痛くないように殺してくれるそうです。
自殺が多い今の社会で、死刑は、そんなに重い刑と言えるのでしょうか?
無期懲役は、衣食住と仕事を、国が補償してくれるということです。
これまた、ありがたい待遇です。
さらに、悪徳弁護士により、もっと軽い刑になる可能性も充分にあります。

これでは、犯罪者天国であり、犯罪は無くなりません。
この状況が、犯罪を増やしている一因になっていると思います。
いつまでも、昔ながらの刑をそのまま使っていたのでは、現状に合わなくなってしまいます。
そこで、新しい刑を提案します。

案1:性器切除の刑
悪人が子孫を増やすようなことがあっては困りますので、まず、性器切除を基本に考えます。
性器切除により、つまらない性欲に悩まされることなく、生きることができます。
※受刑者から「ありがとう」と感謝されそうです。

案2:臓器提供の刑
肺、腎臓、肝臓等を強制的に、提供してもらいます。
現状の臓器提供では、悪いことをしていない善意の人間による提供で行われていますが、これを、犯罪者に強制的に協力してもらいます。
※臓器提供を受けた人たちは、受刑者に「ありがとう」と感謝するでしょう。

案3:人体実験の刑(モルモットの刑)
新薬の人への試験の際に、犯罪者に強制的に協力してもらいます。
※受刑者は、医療関係者や患者たちから「ありがとう」と感謝されるでしょう。

案4:奴隷の刑
首輪を付けて、企業へ貸し出し、様々な重労働に従事してもらいます。
※受刑者は、企業から「ありがとう」と感謝されるでしょう。

犯罪人と言えど、死刑や無期懲役での処分は、もったいないと思います。
人類の未来のために、役立ってもらうことが大切だと思います。
是非、国会で、検討して頂きたいと思います。

<追伸>
死刑か無期懲役かで、長々と裁判の決着を先延ばしにするのは、たいへん無駄な行為であると思います。
その間、犯罪者は、のんびりと、拘置所暮らしを続けることができるというのも、納得できません。
もっと、合理的な進め方を検討してほしいと思います。


<追伸>
新しい社会構造を考えて見ませんか?
夢主義社会」には、死刑も刑務所もありません。

夢主義社会」に、お金はありません。
人々は、夢を追い求めます。
報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。
夢主義社会」は、全ての人が自由であり、夢を持ち、その夢に向かって歩ける社会です。

夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。

|

« 自分の健康第一で、職務をたらたら何もしない総理 | トップページ | 倒産するような会社が、人を採用するな! »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/43255064

この記事へのトラックバック一覧です: 死刑に代わる新しい刑の提案:

« 自分の健康第一で、職務をたらたら何もしない総理 | トップページ | 倒産するような会社が、人を採用するな! »