« 銀行再編成よりも国有化すべき | トップページ | 天下り禁止よりもお金の廃止 »

究極の延命治療:サイボーグ

人の脳は、300歳まで生きられるという話を聞いたことがあります。
でも現実的には、人の寿命は、心臓の寿命によって決まるようです。

仮に、90歳の老人が自宅で静かに息をひきとった際に、急いで蘇生処置を施し、病院で人口心臓や人口呼吸器で延命治療すれば、少しは長く生きることができるでしょう。
しっかりとした人口心臓や人口呼吸器で延命治療すれば、300歳まで生きられるかもしれません。
延命治療である以上、ベッドから起き上がることはできないでしょう。
永遠に眠ったままかもしれません。
でも、少なくとも、脳は生きています。

この状態を、サイボーグと呼びたいと思います。
SFの物語のように、医療技術が進歩して、人口心臓や人口呼吸器といった機械を、人間の体の中に組み込めるようになれば、普通に生活することも可能になるのでしょうが、未だ未だのようです。
また、延命治療には、多くのお金が掛かります。
それでも、お金持ちの人間の中には、いくらお金が掛かっても良いので、長く生きたいと希望する人もいるかもしれません。
現状の延命治療は、サイボーグの先駆けと言えるでしょう。

人は、生まれれば、何れ死ぬのが運命です。
その運命に逆らってまで長生きする事は、神への冒とくではないでしょうか?
人は限られた寿命だからこそ、一日一日を精一杯生きられるのではないでしょうか?
※アニメ「銀河鉄道999」の中で、そんな言葉があったような気がします。

人の生きる目的は、自分の夢(社会貢献)に向って歩むことです。
その夢は、自分だけの夢ではありません。人は一人ではありません。
自分の寿命が尽きるならば、他の人にその夢を託して、自分は消えるのが自然です。
何が何でも、自分が成し遂げたいと考えるならば、それは欲望です。

<追伸>
夢主義社会」には、お金が存在しないので、当然、医療費は無料です。
全ての人間が、必要な治療を受けることができます。
必要な治療とは、その人が回復して、人類の未来のために役立つための治療です。

・「夢主義社会」にお金はありません。
・人々は夢を追い求めます。
・報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。
夢主義社会」は、全ての人が自由であり、夢を持ち、その夢に向かって歩ける社会です。

「夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。

★Flashアニメーション:踊る雛人形★
※座っているだけじゃつまらない。踊って欲しい。
※踊る姿(動画)を見たい方は、こちらをクリック!

|

« 銀行再編成よりも国有化すべき | トップページ | 天下り禁止よりもお金の廃止 »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/43941997

この記事へのトラックバック一覧です: 究極の延命治療:サイボーグ:

« 銀行再編成よりも国有化すべき | トップページ | 天下り禁止よりもお金の廃止 »