« 整備新幹線:国土交通省と業者の癒着? | トップページ | 携帯禁止:安全なサイトは有り得ない »

公共事業で宇宙ごみ(デブリ)除去

先日、米国の衛星携帯電話システム「イリジウム」の衛星と、機能停止したロシアの通信衛星が衝突し、宇宙ごみ(デブリ)がまき散らされたそうです。
宇宙ごみ(デブリ)は、今回の事故に限らず、既に約1万3千個、存在するそうです。
デブリは、衛星打ち上げに使われたロケット本体や、その破片だそうです。

地球の衛星軌道上は、デブリだらけのようで、今後も、どんどん増えます。
デブリが既存の衛星にぶつかる可能性は、どんどん増加しているという事です。

最近、雇用対策として、各国で公共事業を増やしているようですが、
是非、公共事業で、宇宙ごみ(デブリ)の除去も行って欲しいと思います。
公園や道を掃除するのと同じ感覚で、デブリも掃除して欲しいと思います。

そう言えば、アニメ「プラネテス」では、
デブリを除去する仕事が舞台になっていました。

しかし、今の宇宙開発は、ゴミを道端に捨てながら進めているという事になります。
地上でそんな行為をしたら、不法投棄で直ぐに警察に捕まってしまうでしょう。
もっと、マナーをわきまえて、宇宙開発を行って欲しいと思います。

<追伸>
新しい社会構造を考えて見ませんか?
・「夢主義社会」にお金はありません。
・人々は夢を追い求めます。
・報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。
夢主義社会」は、全ての人が自由であり、夢を持ち、その夢に向かって歩ける社会です。

「夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。

|

« 整備新幹線:国土交通省と業者の癒着? | トップページ | 携帯禁止:安全なサイトは有り得ない »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/44056357

この記事へのトラックバック一覧です: 公共事業で宇宙ごみ(デブリ)除去:

« 整備新幹線:国土交通省と業者の癒着? | トップページ | 携帯禁止:安全なサイトは有り得ない »