« エコポイント:ハイビジョンテレビ編 | トップページ | 国民の生活が第一、規制緩和→小さな政府 »

裁判員制度は無駄:ネット裁判にすべき!

裁判員制度よりも、現状の裁判制度や刑法を根本的に見直すのが先決ではないのでしょうか?
私は、懲役刑や死刑を廃止して、臓器提供の刑にすべきと考えます。
さらに、インターネットを利用すべきです。

<裁判の新しい形を提案>
★「夢主義社会」の裁判:インターネット上で裁判
「夢主義社会」では、裁判もインターネット上で行われます。
原告、被告、弁護士、裁判官のそれぞれの意見を、インターネット上に公開します。
インターネット上の掲示板で、やり取りしながら裁判が進められます。
そして、一般人も、その裁判の内容に対して、意見を書き込むことができます。

被告人が、事実を隠ぺいしたり、他の人に危害を加えたりする恐れが無い限りは、拘束されることなく、自宅でインターネットを利用して裁判に臨みます。
また、裁判に支障を及ぼさない限り、労働も継続することができます。

労働は人類の未来のためです。
例え、何だかの罪を犯したとしても、できるだけ労働は継続するべきです。
労働の継続が、犯罪の継続にならない限りは、労働を継続できます。
最終的に罰を受ける必要がありますが、軽犯罪での罰は、衣食住のポイントの削減のみで拘束はされません。
中レベルの犯罪の罰でも、自由時間が削減されるだけです。

現状の裁判では、事件に関係する人が全員、裁判所に出向いて、長々とした話を聞く必要があり、時間の無駄です。
また、人間を、拘置所に長期間、拘留するのも、もったいないことです。

重犯罪の場合は、自由時間は無く、首輪を付けられ、生涯、強制労働させられます。
さらに、犯罪の重さにより、
・臓器提供の刑
・人体実験の刑
等が課せられます。
※死刑は、ありません。

刑は、犯罪者の矯正が目的ではなく、犯罪の償いを主目的とします。
犯罪の償いは、人類の未来のために、自分を犠牲にして働くことです。

<追伸>
新しい社会構造を考えて見ませんか?

夢主義社会」に、お金はありません。
人々は、夢を追い求めます。
報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。

夢主義社会」は、全ての人が自由であり、夢を持ち、その夢に向かって歩ける社会です。

「夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。

|

« エコポイント:ハイビジョンテレビ編 | トップページ | 国民の生活が第一、規制緩和→小さな政府 »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/45024557

この記事へのトラックバック一覧です: 裁判員制度は無駄:ネット裁判にすべき!:

« エコポイント:ハイビジョンテレビ編 | トップページ | 国民の生活が第一、規制緩和→小さな政府 »