« 暴走しやすい日本人 | トップページ | 心臓移植は正しい判断か? »

「人・物・金」から「人・物」への革命

現状は、人・物・金の中の、お金を重視する社会です。
結果、人・物が軽視されています。
お金の力で、人・物を安く利用しています。
これが格差を拡大させています。

お金は欲望を加速させます。
経済の活性化とは、欲望を加速させる行為です。
人々の欲望を満たす商売が儲かります。
政治家や官僚も、人々の欲望をつかむのが上手なようです。

逆に、地道にコツコツ頑張っている人は、作った物を安く買い叩かれ、報われません。

今の社会では、この行為を正しい行為と考えているようです。

でも、欲望を満たすために頑張る行為は、自分のためです。
その自分は、何れ年老いて死にます。

ですから、欲望は、自分が生きている間に実現しなければ価値がありません。
自分の欲望を実現するために、手段を選ばず、周りの人を犠牲にし、
さらには、人類の未来をも犠牲にして、達成しようとします。
その人が死んだ後、残るのは、犠牲になった人たちと、犠牲になった人類の未来です。

正に、今の日本社会が、それです。
■お金持ちの一部の高齢者
■年金・医療・介護制度は破綻寸前
■子供を産みたくても、お金が無くてためらう若い夫婦
■結婚したくても、お金が無くてためらう若者
高齢者たちが、欲望を満たすために頑張った結果、若者たちが犠牲になっています。

コンピュータ管理が進んだ現在、そろそろお金を廃止すべきではないでしょうか?
「人・物・金」から「人・物」への革命です。

本来、需要と供給のバランスが取れていれば良いのです。
お金を使わず、人・物だけの社会にすべきです。
これは、コンピュータ管理が進んだ現代では、充分に可能です。

いきなり、お金を廃止するのは反発がありそうなので、
まずは、2つの社会構造を用意し、人々にどちらかに入って頂きます。

一つは、現在の競争を基本にした自由主義経済社会
もう一つは、助け合いを基本にした夢主義社会です。
■「夢主義社会」に、お金はありません。
■人々は、夢を追い求めます。
■報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。

<追伸>
新しい社会構造を考えて見ませんか?

夢主義社会」は、全ての人が自由であり、夢を持ち、その夢に向かって歩ける社会です。

「夢主義社会」は、このページ左側の本のリストから御購入頂けます。

|

« 暴走しやすい日本人 | トップページ | 心臓移植は正しい判断か? »

夢主義社会」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/109923/44923789

この記事へのトラックバック一覧です: 「人・物・金」から「人・物」への革命:

« 暴走しやすい日本人 | トップページ | 心臓移植は正しい判断か? »