« 競争社会は日本人には向かない!協力社会へ | トップページ | 景気が悪い時:貯蓄税、良い時:消費税 »

経済学は、マネーゲーム社会への洗脳

現代社会では、多くの人が経済という学問で洗脳されています。
経済を学ぶ事は、マネーゲーム社会向けに頭を洗脳する事です。

現状では、人・物・金が、経済の3大要素と言われています。

でも、実在するものは、人と物です。
お金は、人が物を得るために、便宜的に考え出した仮想の物です。
紙幣を見ると、お金は実在するように思えますが、実際には紙切れです。
人が、その紙切れに意味付けをしただけです。

本来、大切なものは、人と物です。
人は、物を作るための生産者であり、また同時に、物を消費する消費者でもあります。
多くの人たちが、多くの物を作ることにより、人類の未来へと続きます。

でも、商売人たちは、物が作られるのを待っていられなくなりました。
もっと手っ取り早くお金を稼ぐ方法は無いのか?
そこで、商売人たちは、思い付きました。
お金を商品にしてしまえ!
お金を商品にしてしまえば、物作りを待つ必要がありません。
お金を商品にする学問が、経済学です。

お金に注目して、要領よく振舞って、多く手にした人がお金持ちです。
お金の事を気にせず、まじめにコツコツ物作りで頑張っている人は、いつまで経っても、お金を得られず貧乏です。
現代では、まじめにコツコツ物作りで頑張っている人を安く扱き使って、利益を手にするのがお金持ちの一般的な手法のようです。
その結果が格差です。

お金は、仮想の物ですから、簡単にいくらでも作れます。
その結果、暴走します。それが、バブルです。
そして、金融危機をもたらします。

昔は、「お金は卑しい物」と言われていましたが、
人々の知識として、経済学が浸透したのでしょうか、
いつのまにか、「お金は大切な物」に変わってしまいました。

卑しい物(悪い事)が大切という事は、正に、悪の社会です。
悪い事が大切と考えられる社会では、犯罪が増加するのは当然でしょう。

<補足>
誰かが、お金持ちになっても、そのことは、人類の未来とは無関係です。
本来必要なお金は、最低限の物(衣食住)を得るためのお金だけで良いのです。
それ以上のお金を手にした人間は、そのお金を夢または欲望に、費やすことになります。
そのお金持ちが、自分のお金を、夢(人類の未来)のために、費やしたならば、人類の未来へと続きます。
逆に、そのお金持ちが、自分のお金を、自己の欲望のために、費やしたならば、人類の破滅につながります。

<余談>
夢主義社会」に、商売人は存在しません。全ての取引をコンピュータ管理で処理します。
夢主義社会」は、300年後の理想社会を目指します。

<追伸>
新しい社会構造を考えて見ませんか?

■「夢主義社会」に、お金はありません。
人々は、夢を追い求めます。
報酬は、次の夢に挑戦できる権利です。
■夢主義社会に国会はありません。インターネットによる直接民主制です。
■裁判もインターネット上で行います。
■医療は、ネットで診断して、自宅治療が基本です。
■刑務所も死刑も無く、首輪を付けて強制労働や臓器提供の刑を課します。
■全ての人間の行動を、監視カメラ等で監視します。
夢主義社会:マニフェスト

夢主義社会

↑楽天ブックスにリンク

「電子書店パピレス」でも御購入頂けます。電子書籍「夢主義社会」※携帯版も有
■「夢主義社会」携帯サイト 
  ブックマーク(QRコード)
  

|

« 競争社会は日本人には向かない!協力社会へ | トップページ | 景気が悪い時:貯蓄税、良い時:消費税 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経済学は、マネーゲーム社会への洗脳:

« 競争社会は日本人には向かない!協力社会へ | トップページ | 景気が悪い時:貯蓄税、良い時:消費税 »