« 透明な傘で雨の日もクリアな気分 | トップページ | 夢主義社会:愛と夢 »

資本主義から夢主義社会へチェンジ

以前、百年に一度の金融危機とか言われていましたが、
本当は、資本主義社会が終焉を迎えつつあるのだと思います。
これに対して、各国政府は、財政出動で、延命治療を行っています。

資本主義が永遠に不滅という事は有り得ないでしょう。
何れ、終わりが来るのは、自然の摂理です。
そして、一つの社会の終わりが、新しい社会を生み出す事になります。

いつまでも資本主義社会にしがみ付いていたのでは、未来を切り開くことはできません。
資本主義社会の次は、「夢主義社会」をお薦めします。

新しい社会構造について、私の案を本「夢主義社会」にまとめました。
本の中では、下記の手順で、新しい社会を考えます。
1.人間の本質を考えます
2.現代社会の問題点を考えます
3.未来社会を考えます

従来の発想を180度覆す大胆な案(非常識な案、極端な案)を並べて見ました。
私の本を叩き台にして、皆様が新しい社会構造を考えるきっかけになれば、幸いです。

注意点:
ホームページやブログでは、断片的な説明で、真意が伝わらないと思われます。
是非、本「夢主義社会」を読んで頂きたいと思います。

夢主義社会」は、300年後の理想社会を目指します。

|

« 透明な傘で雨の日もクリアな気分 | トップページ | 夢主義社会:愛と夢 »

夢主義社会」カテゴリの記事