« 人の脳は、高性能バイオコンピュータ | トップページ | 欲望で、憲法を変えると、憲法改悪になる »

心を失いつつある人の脳

人は、何故、自分に心があるのか知らない。
人の脳の仕組みは、未だ未だ解明されていないことが多い。

人の脳は、大自然の脅威の中で、進化してきた。
逆に、豊かな環境では、退化する。

困っている人を見ると、助けたくなる。
裕福な人を見ると、ねたむ。うらやむ。

人は、心を持っているようで、実は単に、
周りの状況に反応しているだけの機械(歯車)なのかもしれません。

豊かな社会よりも、貧しい社会の方が、人は優しくなれるのだと思います。


|

« 人の脳は、高性能バイオコンピュータ | トップページ | 欲望で、憲法を変えると、憲法改悪になる »

夢主義社会」カテゴリの記事