« 人・物・金から、人・物・コンピュータへ | トップページ | 脳が作り出した仮想社会 »

お金の問題点※お金に色を付けよう!

今の社会では、様々な対価が存在します。
・労働の対価
・物の対価
・管理職の対価
・セールスマンの対価
・発明の対価
・不動産の対価
・株の対価
・命名権
・著作権

・談合で得たお金
・詐欺で得たお金
・泥棒で得たお金
・殺人で得たお金

いろいろありますが、お金になると、皆同じです。
そして、商売人は、新たなビジネスモデルと称して、新たな対価を考え出し続けています。
この結果、労働の対価の割合(価値)が、急激に減少しています。

お金を見ただけでは、それがどのようにして得たお金なのか分かりません。
そして、そのお金で、他のものと交換できます。
つまり、どんな理由・手段で得たお金でも、お金はお金なのです。
この辺に、今の社会の問題の根幹があるように思えます。

コンピュータ技術が進んだ今、これらのお金を種類別に管理することが可能です。
現在でも、税金は、物を分類して、課税率を変えています。
お金を種類別に管理して、お金の種類によって、交換できるものに制限を加えるべきです。
現状では、「お金に色は無い」と言われます。
このお金に色を付けるのです。

これにより、無意味なお金の暴走を止めることができます。
労働の価値を取り戻し、マネーゲームにより生じている貧富の格差を無くすことができます。

<余談>
夢主義社会」では、全ての人に、毎月、衣食住・欲望に使用できるポイントが支給されます。
※ポイントは、現代のお金に代わる物と考えて下さい。


|

« 人・物・金から、人・物・コンピュータへ | トップページ | 脳が作り出した仮想社会 »

夢主義社会」カテゴリの記事