« 心を失いつつある人の脳 | トップページ | 遺伝子レベルでの理性の喪失 »

欲望で、憲法を変えると、憲法改悪になる

「日本は和を重んじる国」と言えば聞こえが良いのですが、
法律やルールよりも、仲良く(協調性)が尊ばれる社会
(例えば、談合、癒着、赤信号皆で渡れば怖くない等)
さらには、長い物には巻かれろ!強い者には従え!
個性を捨て集団に従属することが求められる社会

一般的な日本人には、本来どうあるべきかと言った信念はありません。
ただ単に、周りに合わせているだけです。
そんな中で「俺は偉いんだ。俺は正しいんだ。俺について来い。」という人間がいると、
優柔不断な国民は、その人に従ってしまいます。

このような日本だから故に、
愚かな戦争に、民間人も一丸となって取り組んだ日本、
とことん廃墟になるまで、降伏できなかった日本、
が存在します。

今の憲法は、民主主義や平等社会の理念に基づいて作られたものです。
日本の古い習慣(封建社会)や理念に捉われず、理想的な社会を目指す憲法になっています。
また、戦争の悲惨さ、残虐性を知っている人間が、恒久的な平和を願って作成した憲法です。
通常の日本人の思考では、到底作ることができない憲法です。
とことん廃墟になった状況で、多くの人々が平和を願って作り出されたのが、今の憲法です。

この平和憲法を守り通すことが、戦争で亡くなられた方々に対する真の追悼になります。

平和の中で、豊かさを追い求めている今の日本人が、憲法を変えると、憲法改悪にしかなりません。


|

« 心を失いつつある人の脳 | トップページ | 遺伝子レベルでの理性の喪失 »

夢主義社会」カテゴリの記事