雑穀で情緒安定※キレ防止

メタボリックシンドロームは、飽食が原因です。
また、脳梗塞、心筋梗塞は、食べ過ぎた栄養分が、血管を詰まらせた結果です。
つまり、豊かさがもたらした病気(贅沢病)と言えます。

さらに、甘い物やパン食・肉食は、キレ易い人間を作ります。
無差別殺人も、食生活に問題があるのではと思います。
刑務所では、情緒安定のために麦飯が出るそうです。

日本人の体には、日本の昔ながらの食事が合っています。
■飽食から粗食へ■

ケーキよりも、果物・野菜・御飯を食べよう!


| | トラックバック (0)

脳梗塞予防にぶどう!ケーキよりも果物!

今は「ぶどう」が旬です。

ぶどうの効能:
・抗酸化作用
・整腸作用(腸内細菌のバランス)
・糖尿病や高脂血症を予防
・果肉に含まれるペンタペプチドが、記憶力の低下防止
・ぶどうの皮には、目に良いアントシアニンが含まれています。
 ※ぶどうの皮も一緒に食べましょう。

ケーキよりも、是非、ぶどうを食べて下さい。

ちなみに、ケーキは魔女(毒)です。
甘い誘惑で、いつの間にか、メタボの底なし沼に追い込まれます。
高血糖、高血圧、高中性脂肪になり、
動脈硬化を引き起こし、脳梗塞、心筋梗塞になります。

ケーキよりも、果物・野菜を食べよう!

| | トラックバック (0)

パンよりも御飯を食べよう!※キレ防止

無差別殺人が増えているようです。
警察は、犯行に至った動機を詳しく調べるのが常ですが、
その調べた結果は、生かされているのでしょうか?
増加傾向を見ると、生かされていません。
警察の目は節穴か?

実は、犯行に至った動機を詳しく調べても無意味なのです。
殺人犯は、過去に、テレビや映画で殺人シーンを見て、脳に記憶しています。
その殺人プログラムのスイッチが、ほんのチョットしたきっかけで、ONになるのです。
スイッチをONにするきっかけは些細な事なので、殺人に至るとは理解できません。

問題は、
「殺人プログラムのスイッチが、ほんのチョットしたきっかけで、ONになる」
ということなのです。
この原因は、食生活にあります。

パンは、御飯よりも、吸収が良いようです。
吸収が良いために、急激に血糖値が上がり、
その後、素早く体に吸収されて、急激に血糖値が下がります。
このために、空腹感を感じ易くなります。
さらに、この急激な血糖値の変化が、精神を不安定にし、
切れ易くするという話があります。

無差別殺人や自殺をする人たちは、パンや菓子を多く食べていたのではないでしょうか?

小麦が高騰しています。
高いパンを食べなくても、日本人には御米があります。
お米の方が、日本人の体に合っていると思います。

米粉パンという話もありますが、粉にすると消化に良いので、結局、小麦パンと同じでは?と感じます。
そもそも、米粉パンには、色々な添加物が含まれます。それが怪しく感じます。
逆に、麦でも、麦飯で食べれば良いです。
刑務所では、情緒安定のために、麦飯が出るようです。

ケーキよりも、果物・野菜・御飯を食べよう!

| | トラックバック (0)

雑穀で情緒安定※キレ防止

メタボリックシンドロームは、飽食が原因です。
また、脳梗塞、心筋梗塞は、食べ過ぎた栄養分が、血管を詰まらせた結果です。
つまり、豊かさがもたらした病気(贅沢病)と言えます。

さらに、甘い物やパン食・肉食は、キレ易い人間を作ります。
無差別殺人も、食生活に問題があるのではと思います。
刑務所では、情緒安定のために麦飯が出るそうです。

日本人の体には、日本の昔ながらの食事が合っています。
■飽食から粗食へ■

ケーキよりも、果物・野菜を食べよう!


| | トラックバック (0)

脳梗塞予防:粗食が一番

食欲の秋!
色々と美味しい食べ物が出回る季節です。

自然界の動物は、冬に備えてしっかり食べる必要があります。
でも、人間は、冬でも食べ物に困る事はないので、しっかり食べる必要はありません。
逆に、食べ過ぎは、病気の元凶です。

脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化等の病気は、食べ過ぎが原因のようです。
歳を取ると、徐々に新陳代謝が低下してきます。
にも拘らず、若い頃と同様に食事をしていると、食べた物を消費できず、結果、血管の壁に付着したり、脂肪細胞を増やしたり、ということになります。

「働かざる者、食うべからず」と言いますが、実は、この言葉は、健康を気遣っての言葉なのです。
体を動かさないのに、しっかり食べてしまうと、健康を害することになるということです。

人によっては、健康のために、断食をする人もいます。
食べることは、細胞に害を及ぼす活性酸素を生み出すことです。
ですから、必要最小限の食事が健康に良いのです。
腹八分目とか、腹六分目でも充分でしょう。
既に、太り気味の人は、腹四分目でも良いでしょう。
そう言えば、日本の食料自給率は、4割り程度です。

但し、水だけはしっかり飲みましょう。

最近の食料高騰は、実は、人々の健康を気遣っての事なのです。

健康で長生きするためには、粗食が一番、体に良いようです。
それも、日本食が良いようです。
「御飯、味噌汁、納豆、卵、漬物、のり」
日本人には、日本食が体に合っています。

他にも色々な情報があります→健康的にダイエット


| | トラックバック (0)

脳梗塞予防にぶどう!ケーキよりも果物!

今は「ぶどう」が旬です。

ぶどうの効能:
・抗酸化作用
・整腸作用(腸内細菌のバランス)
・糖尿病や高脂血症を予防
・果肉に含まれるペンタペプチドが、記憶力の低下防止
・ぶどうの皮には、目に良いアントシアニンが含まれています。
 ※ぶどうの皮も一緒に食べましょう。

ケーキよりも、是非、ぶどうを食べて下さい。

ちなみに、ケーキは魔女(毒)です。
甘い誘惑で、いつの間にか、メタボの底なし沼に追い込まれます。
高血糖、高血圧、高中性脂肪になり、
動脈硬化を引き起こし、脳梗塞、心筋梗塞になります。

ケーキよりも、果物・野菜を食べよう!

| | トラックバック (0)

パンよりも御飯を食べよう!※キレ防止

無差別殺人が増えているようです。
警察は、犯行に至った動機を詳しく調べるのが常ですが、
その調べた結果は、生かされているのでしょうか?
増加傾向を見ると、生かされていません。
警察の目は節穴か?

実は、犯行に至った動機を詳しく調べても無意味なのです。
殺人犯は、過去に、テレビや映画で殺人シーンを見て、脳に記憶しています。
その殺人プログラムのスイッチが、ほんのチョットしたきっかけで、ONになるのです。
スイッチをONにするきっかけは些細な事なので、殺人に至るとは理解できません。

問題は、
「殺人プログラムのスイッチが、ほんのチョットしたきっかけで、ONになる」
ということなのです。
この原因は、食生活にあります。

パンは、御飯よりも、吸収が良いようです。
吸収が良いために、急激に血糖値が上がり、
その後、素早く体に吸収されて、急激に血糖値が下がります。
このために、空腹感を感じ易くなります。
さらに、この急激な血糖値の変化が、精神を不安定にし、
切れ易くするという話があります。

無差別殺人や自殺をする人たちは、パンや菓子を多く食べていたのではないでしょうか?

小麦が高騰しています。
高いパンを食べなくても、日本人には御米があります。
お米の方が、日本人の体に合っていると思います。

米粉パンという話もありますが、粉にすると消化に良いので、結局、小麦パンと同じでは?と感じます。
そもそも、米粉パンには、色々な添加物が含まれます。それが怪しく感じます。
逆に、麦でも、麦飯で食べれば良いです。
刑務所では、情緒安定のために、麦飯が出るようです。

ケーキよりも、果物・野菜を食べよう!

| | トラックバック (0)

雑穀で情緒安定※キレ防止

メタボリックシンドロームは、飽食が原因です。
また、脳梗塞、心筋梗塞は、食べ過ぎた栄養分が、血管を詰まらせた結果です。
つまり、豊かさがもたらした病気(贅沢病)と言えます。

さらに、甘い物やパン食・肉食は、キレ易い人間を作ります。
無差別殺人も、食生活に問題があるのではと思います。
刑務所では、情緒安定のために麦飯が出るそうです。

日本人の体には、日本の昔ながらの食事が合っています。
■飽食から粗食へ■

ケーキよりも、果物・野菜を食べよう!


| | トラックバック (0)

脳梗塞予防:粗食が一番

食欲の秋!
色々と美味しい食べ物が出回る季節です。

自然界の動物は、冬に備えてしっかり食べる必要があります。
でも、人間は、冬でも食べ物に困る事はないので、しっかり食べる必要はありません。
逆に、食べ過ぎは、病気の元凶です。

脳梗塞、心筋梗塞、動脈硬化等の病気は、食べ過ぎが原因のようです。
歳を取ると、徐々に新陳代謝が低下してきます。
にも拘らず、若い頃と同様に食事をしていると、食べた物を消費できず、結果、血管の壁に付着したり、脂肪細胞を増やしたり、ということになります。

「働かざる者、食うべからず」と言いますが、実は、この言葉は、健康を気遣っての言葉なのです。
体を動かさないのに、しっかり食べてしまうと、健康を害することになるということです。

人によっては、健康のために、断食をする人もいます。
食べることは、細胞に害を及ぼす活性酸素を生み出すことです。
ですから、必要最小限の食事が健康に良いのです。
腹八分目とか、腹六分目でも充分でしょう。
既に、太り気味の人は、腹四分目でも良いでしょう。
そう言えば、日本の食料自給率は、4割り程度です。

但し、水だけはしっかり飲みましょう。

最近の食料高騰は、実は、人々の健康を気遣っての事なのです。

健康で長生きするためには、粗食が一番、体に良いようです。
それも、日本食が良いようです。
「御飯、味噌汁、納豆、卵、漬物、のり」
日本人には、日本食が体に合っています。

他にも色々な情報があります→健康的にダイエット


| | トラックバック (0)

ボケ防止にぶどう!ケーキよりも果物!

今は「ぶどう」が旬です。

ぶどうの効能:
・抗酸化作用
・整腸作用(腸内細菌のバランス)
・糖尿病や高脂血症を予防
・果肉に含まれるペンタペプチドが、記憶力の低下防止
・ぶどうの皮には、目に良いアントシアニンが含まれています。
 ※ぶどうの皮も一緒に食べましょう。

ケーキよりも、是非、ぶどうを食べて下さい。

ちなみに、ケーキは魔女(毒)です。
甘い誘惑で、いつの間にか、メタボの底なし沼に追い込まれます。
高血糖、高血圧、高中性脂肪になり、
動脈硬化を引き起こし、脳梗塞、心筋梗塞になります。

ケーキよりも、果物・野菜を食べよう!

| | トラックバック (0)